一歩踏み出すための方法とは

「引きこもり」と一言にいっても、不登校などを伴った若年層のケースもあれば、30代や40代といった中年層のケースもあります。数にして、日本国内では100万人以上もの引きこもり人口があるとも言われています。また一般的には「6ヶ月以上社会参加をしていない」という定義がありますが、実際の期間については、数年や十数年以上の間「引きこもっている」というケースも珍しくありません。特に就職については、いざ就職しようとする際に「学歴が無い」ことや「職歴が無い」という問題が大きく立ちはだかり、一般の職になかなか就けないという現実があります。しかし学歴については、夜間や通信制の高校・大学などを受講するという方法があり、職歴については、職業訓練校に通うなどして就職を有利にするという方法があります。または「とりあえず働いてみる」という方針ならば、パートやアルバイトなどの比較的軽い仕事から始めてみることも良いのではないでしょうか。パートやアルバイトなら採用基準が比較的緩やかなところも多いですし、何より職業経験を積むという「引きこもり逆転」の第一歩を踏むことができます。さらに、生活ができる(独立できる)だけの収入を得たい場合は、フルタイムで働ける未経験者OKの仕事を探すのも良いでしょう。特にタクシー業や警備員などは、常に人手不足の状態にあるので採用されやすいと言われています。それでも家から出ることができない人は、今最も需要があるIT関連のスキルを磨いてみてはいかがでしょう?web制作ができれば大小問わず、いつでもお仕事がもらえるのでおすすめです。「逆転」とまではいかなくても、人生を再び始めるために「一歩踏み出す」ことはいつでも可能だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です